<TRONSHOW
TRON SYMPOSIUM

協賛・出展のご案内

すべてがオープンAPI連携するIoS社会へ
TRONの成果が一堂に会します。

「協賛および出展のご案内」ダウンロード(PDF形式)

ごあいさつ

トロンプロジェクトでは1984 年にプロジェクト開始当初から、「オープンアーキテクチャ」という哲学のもと、組込みシステムで用いるリアルタイムOSの仕様(TRON)を、世界中の誰でも、自由に利用できるようにしてきました。
このリアルタイムOSの仕様は、IoTを構成するシステムのエッジノードのプラットフォームとして、昨年、IEEE Standard Associationと規格標準の相互乗り入れに関して合意しました。そして、IEEE標準規格の策定作業は順調に進んでおり、μT-Kernel 2.0 の仕様が、IEEE P2050として今年、標準規格になるよう作業を進めてます。
「オープン」という哲学は、現在もトロンプロジェクト推進のバックボーンとして生き続けております。最近では、政府や自治体、公共交通機関などが保有するデータをオープンにして利活用する「オープンデータ」、さらにメーカやサービス提供者間の垣根を越えて利便性の高いサービスを生み出す「オープンIoT」を実現するための「オープンAPI」など、さまざまな領域に「オープン」の範囲を拡大し続けています。
このようなプロジェクトを進めるにあたり、我々の活動を数多くの人々に広く知っていただくために、毎年トロンプロジェクトシンポジウムを開催しています。
昨年末の「2017 TRON Symposium -TRONSHOW-」では、"AI + Open Data + IoT = 未来"をテーマに、これまでのIoTに向けた取組に加え、IoTによって膨大に蓄積されたデータをオープン化するOpen Data、さらに近年著しい発展を遂げているA(I Artificial Intelligence:人工知能)の組み合わせが、私達の情報社会の未来を形作ると考えを提案しました。
今年も、「オープンIoT」をテーマとして、「物」「人」「組織」のどれに由来しているかを意識せず、お互いにオープンAPIで連携する"IoS( Internet of Services)"社会を実現するために様々な活動を行っていきます。IoT機器のノード側を開発するための標準開発環境「IoTEngine」やEUとの共同研究にも利用するため、オープンIoT環境下でのサービス連携や高度なアクセスコントロールを実現する「IoTAggregator」の構築。2020 年東京オリンピック・パラリンピックを見据えた、訪日外国人観光客や国内の移動者を支援する「おもてなし」の取組としては、uIDアーキテクチャを利用したOPaaS.ioを構築や積極的に展開や公共交通オープンデータ化推進をしていきます。
このIoS社会のための基盤づくりの研究開発を産官学の方々と一緒に進めていきたいと思います。
本年度もトロンプロジェクトシンポジウム「2018 TRON Symposium -TRONSHOW- 」を米国IEEE Consumer Electronics Societyの技術協賛で、2018 年12月12日から14日までの3日間、東京・六本木の東京ミッドタウンにて開催いたします。
今年のシンポジウムでは、「オープンIoT」の構築へのさまざまな提案を中心に、トロンプロジェクトの多彩な成果をご紹介する予定です。
また、コンピュータによる障碍者サポートを考える恒例のTRONイネーブルウェアシンポジウム「TEPS 31st」も開催する予定です。
本シンポジウムの開催主旨にご賛同いただき、ご協賛、ご出展を賜りますようお願い申し上げます。

坂村 健
トロンシンポジウム実行委員会 委員長
INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長
トロンフォーラム 会長

基本コンセプト&展示内容

OPEN IoTシステム展
IoTを実現するための組込みシステムやクラウドシステムを展示。
組込みシステムに必要なRTOS(ITRON, T-Kernel)やミドルウェア、開発環境、応用事例などすべてみせます。
OPEN IoTを実現するためのセンサーノードやネットワーク制御システム、ビッグデータ解析支援ツール、オープンデータ化支援ツール、端末、ソリューション、それらの適用事例やビジネス事例などを展示します。
2020 年に向けた社会全体のICT化推進パビリオン

2020 年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向けてICTに関わるサービスやインフラの高度化を図り、世界に日本のICTを発信する最高のチャンスとして期待されています。
本パビリオンでは2020 年に向けた社会全体のICT化で進めているサービスや都市の高度化などの展示をします。

公共交通オープンデータパビリオン

公共交通関連情報のオープンデータを推進するために公共交通事業者およびICT関係事業者により先進的な次世代公共交通サービスの構築、標準プラットフォームの研究開発、公共交通政策への提言を行っています。本パビリオンではこれらの活動や、公共交通オープンデータをフルに活用した、2020 年以後の未来の公共交通情報のあり方を展示します。

IoT-Aggregator × IoT-Engine パビリオン

IoT-AggregatorとIoT-Engineは「アグリゲート・コンピューティング」を実現するためのオープンIoT 環境の中でのサービス発見とサービス連携を行うためのアクセスコントロールのためのプラットフォームです。IoT-Engineは、世界各国の半導体メーカと進めているIoT 機器開発のための標準開発環境です。
本パビリオンでは、IoT-Aggregator の最新環境や各社のIoTEngineを展示します。

開催概要

会 場 東京ミッドタウン ホール(東京都港区赤坂9-7-1)[アクセス
(Midtown East B1F)[フロアガイド
会 期 2018年12月12日(水)〜14日(金)
10:00〜17:00
主 催 トロンフォーラム
共 催 東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
東洋大学情報連携学 学術実業連携機構
技術協賛 IEEE Consumer Electronics Society
入場料 1,000円(事前登録により無料)
併催 TRONイネーブルウェアシンポジウム「TEPS 31st」
日時:2018年12月1日(土)13:30-16:30
場所:東洋大学 赤羽台キャンパス

スケジュール

6月 ウェブ上での協賛・出展申込み受付開始
8月末 協賛・出展申込み締切
9月下旬 出展者説明会
10月中旬 ガイドブック・広告原稿送付締切
11月上旬 招待券等配布
11月中旬 ウェブ上で来場者事前登録開始
12月1日 TEPS 31st開催
12月10日〜11日 搬入・設営
12月12日〜14日 2O18 TRON Symposium(TRONSHOW)開催期間
12月14日 搬出・撤去
※ スケジュールは変更になる場合があります。詳細は出展者説明会および出展者マニュアルにてご案内します。

特別協賛のご案内

4小間までの出展料が無料になる特別協賛をぜひご検討ください。

○特別協賛の特典:

  • 出展ご希望の場合、大ブース4 小間までの出展料が無料となります。
  • 来場者全員に配布される「2018 TRON Symposium 公式ガイドブック(仮称)」へのカラー1 ページの広告の無料掲載ができます。
  • 展示会場に特別協賛企業として企業・団体名を表示します。
  • 公式ホームページ上に特別協賛企業として企業・団体名を表示します。
  • 各種印刷物に特別協賛企業として企業・団体名を表示します。
  • 開催告知広告に特別協賛企業として企業・団体名を表示します。

○協賛金:税抜3,000,000 円 以上

出展のご案内

スペース渡しの大ブース、低コストの小ブースをご用意しております。

●大ブース(フリーブース)展示

○出展料:1 小間あたり税抜300,000 円

  • 「特別協賛」をいただいた企業・団体は4 小間までの出展が無料です。

○スペース:1 小間あたり 3m×2m

  • スペース渡しとなります。

○その他:

  • 展示品製作、装飾、電気工事代、電気使用料、電話使用料などは出展料に含まれません。
  • 装飾規定その他詳細については出展者説明会および出展者マニュアルにてご案内します。
  • 事務局にてスタンダードブースをご用意することが可能です(有料オプション)。
  • 小間位置は申込み先着順にて割り振りますので、申込み多数の場合ご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承ください。

●小ブース(定型ブース)展示

○出展料:1 小間あたり税抜150,000 円

○スペース:1 小間あたり 2m×1.5m

  • 事務局にてブース造作をいたしますので、展示品、パネル等のみご用意いただければ出展できます。
  • 隣接小間との間に袖壁が立ちます。

○その他:

  • 出展料には、壁面造作、社名表示、コンセント2 口(電気使用料は別途)、カタログスタンド1 台が含まれます。
  • 必要に応じて、展示台等のオプション備品(有料)をご利用いただくことも可能です。
  • 装飾規定その他詳細については出展者説明会および出展者マニュアルにてご案内します。


※ ブース図はイメージです。実際のものとは異なる場合があります。

オプション

●広告協賛

○広告協賛の内容:

  • 来場者全員に配布される「2018 TRON Symposium 公式ガイドブック(仮称)」やホームページへの広告掲載

○広告掲載料:

  • ガイドブック :カラー広告1 ページ 税抜 1,000,000 円
  • ガイドブック :白黒広告1 ページ 税抜 500,000 円
  • ホームページ :社名ロゴ 税抜 200,000 円

○その他:

  • 展示のご出展をされない企業・団体様でも掲載いただくことが可能です。
  • 「特別協賛」をいただいた企業・団体様は、カラー広告1ページが無料です。

●スタンダードブース(大ブース用パッケージ装飾)

○スタンダードブースの内容(1 小間あたり):

  • 隣接小間との間に仕切り壁を設置します。
  • 社名表示を設置します。
  • 小間内に展示テーブル1 台および椅子1 脚、コンセント2 口(電気使用料は別途)、カタログスタンド1 台を用意します。
  • 必要に応じて、オプション備品(有料)をご利用いただくことも可能です。
  • その他詳細については出展者説明会および出展者マニュアルにてご案内します。

○料金:1 小間あたり 税抜100,000 円


※ ブース図はイメージです。実際のものとは異なる場合があります。

特別協賛/出展のお申込方法


●申込み方法

「協賛/出展申込書」に必要事項をご記入の上郵送または FAX にてお送りいただくか、あるいは、下記「インターネットからの協賛/出展のお申込み」よりお申し込みください。

インターネットからの協賛/出展のお申込み
「協賛/出展申込書」ダウンロード(PDF形式)

○送り先:

郵送 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-3
第一誠実ビル9F トロンフォーラム内
トロンシンポジウム実行委員会事務局
FAX 03-5437-2359
ホームページ http://www.tronshow.org/

●協賛金・出展料の払い込み

申込書受領次第、請求書を発行いたします。
1ヶ月以内に払い込みください。
振込手数料はご負担願います。

●キャンセル料

申込者の都合によりキャンセルの場合、下記のキャンセル料を申し受けます。

  • 9月30日までにキャンセルの場合、総出展料の50%
  • 10月1日以降にキャンセルの場合、総出展料の100%

参考:前回開催報告


こちらをご覧ください。